トップ / シミを予防する生活習慣とは

シミは活性酸素にカギ

シミを予防する生活習慣とは

活性酸素の発生と紫外線を防いだ生活

シミのできるメカニズムと原因を知るとシミ予防の方法がおのずと見えてきますね。まずは、紫外線にあたりすぎないようにすることで活性酸素の過剰な発生を防ぎましょう。さらに、保湿をしっかりと十分にすることでメラニンの過剰な発生を防ぐことができます。例えばアウトドアで過ごす予定のある時はその前日にパックをするなどしていつもよりも入念な保湿ケアをします。その上でUVクリームを1日のうち定期的に塗り直すようにして、紫外線対策を万全にします。

さらに、紫外線のもっとも強くなる10時-14時の間はなるべく直射日光に当たって日焼けしないように気をつけましょう。ちなみに、お肌のダメージが修復されるのは夜中の就寝中で、最も有効なゴールデンタイムはやはり10時-2時の間です。10時にベッドに入るのはなかなか難しいかもしれませんが、お肌がダメージを受けている時はなるべく早めに休むようにしてみてくださいね。

紫外線以外にもストレスが活性酸素の発生を促すので、ストレス対策も必要です。他にも、活性酸素を減らすための生活習慣上のポイントがあります。喫煙は活性酸素の発生を促すのでやめることをお勧めします。また、アルコールも肝臓で分解される時に活性酸素を発生します。アルコールの分解には大量の水分を要します。身体を乾燥させお肌の状態を悪化させる原因になりますから、ほどほどの量を心がけましょう。しかし、適度のアルコールは逆に活性酸素を減らしてくれる働きもありますから上手に付き合いたいですね。

さらに、過剰な運動は活性酸素を大量に発生するので要注意です。激しい運動をすると呼吸量が増えるので、それだけで活性酸素が沢山作られてしまいます。こちらもアルコールと同じで、穏やかな運動であると逆に活性酸素を減らしてくれるので運動がよくないというわけではありません。

Copyright © シミには大きく分けて3種類ある. All rights reserved.