トップ / シミを内側から予防する食生活

シミは活性酸素にカギ

シミを内側から予防する食生活

抗酸化成分を摂り入れるとよい

体の内側からもシミ予防をしていきましょう。内側からのケアでシミ予防をするには、活性酸素を取り除いてくれる抗酸化成分を日常の食生活にとり入れるのがもっとも有効です。抗酸化作用のある成分を含んだ食材は、近年アンチエイジングの点から大変脚光を浴びていますから、おなじみの成分が多いと思います。

まずは、美肌ビタミンであるビタミンC。フルーツにふんだんに含まれていますね。フルーツは朝一番に頂くと酵素の吸収もよく効果的です。ビタミンB群も有効です。特にビタミンB2は肌荒れに効果があることが知られています。ビタミンB6はホルモンバランスを整えるのを助け、ナイアシンはお肌のターンオーバーが正常になるよう働いてくれます。ビタミンEも細胞の若返りの効果があります。ナッツや豆類に多く含まれています。嬉しいことにこれらのビタミンはすでにできてしまったシミにも働きかけてくれます。

その他の抗酸化作用がある食品はワインやココアなどに含まれるポリフェノールや、緑茶に含まれるカテキン、サーモンやエビ、カニなどオレンジ色の食品に含まれるアスタキサンチン、さらにトマトに含まれるリコピンや緑黄色野菜に多く含まれるβカロチンなどが抗酸化作用を発揮します。これらの成分は植物の色素成分の中に含まれているものでフィトケミカル、またはファイトケミカルといいます。「フィト」は植物を意味しており、植物が自己防衛のために備えている成分です。

フィトケミカルが豊富な食品を日常的に摂ることで体全体が元気になり、お肌のターンオーバーのサイクルも整っていきます。フィトケミカルを含む食品は毎日のメインの食事以外のシーンに登場することが多いのが特長です。このため、日常生活のリラックスタイムなどに意識して頂いてみるとよいでしょう。

例えば、ティータイムにはカテキン豊富な緑茶、お仕事に疲れた時にはチョコレート、他には色の濃いドライフルーツなどもおやつにはうってつけです。どうぞ、楽しみながらお肌をサポートしてくれる食品と付き合っていってくださいね。

Copyright © シミには大きく分けて3種類ある. All rights reserved.