トップ / シミが出来る原因は一体

シミは活性酸素にカギ

シミが出来る原因は一体

シミの原因の一つに活性酸素が関係

さて、シミができるメカニズムをご紹介しましたが、そもそもなぜシミはできるのでしょう。その原因の一つに活性酸素が関係していると言われています。活性酸素というと身体を酸化させ、老化させる要因として知られています。最近ではアンチエイジングへの意識の高まりとともに、抗酸化作用のある食品への注目も集まっていますね。

しかし、活性酸素は本来身体を守るために働いているものです。活性酸素にはとても強い酸化力があります。身体に良くない外敵を、酸化させることで攻撃して身体を守ってくれるのです。活性酸素が有益なのは外敵を攻撃するのにほどよい量がある時に限ってであり、過剰な活性酸素は身体そのものを酸化老化させるのです。

いうまでもなく、強すぎる紫外線は身体に良くありません。ですから、紫外線を浴びすぎると身体は防衛のために活性酸素を発生させます。そして、紫外線の害を取り除くのに必要な量ならよいのですが、活性酸素が過剰な場合メラニンがそれを引き受けてくれているのです。メラニンは自らが酸化することでお肌の細胞をダメージから守ってくれているのです。通常の日焼けではこの働きが済むとメラニンは老廃物として皮膚から剥がれていきますが、過剰に作られた時に皮膚に沈着してしまうのです。

活性酸素を発生させる要因は他にはストレスもあげられます。人間の身体はストレスを受けると副腎からコルチゾールという副腎皮質ホルモンを発生します。この時同時に活性酸素も作られてしまうのです。原因がストレスであっても、活性酸素が過剰に作られるとこれを排除するためにメラニンが発生します。

他にはシミの原因として、ナイロンのタオルなどで摩擦を続けること、または女性ホルモンの乱れなどで、前述の肝斑などができることがあります。

Copyright © シミには大きく分けて3種類ある. All rights reserved.